基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成27年 春期 基本情報技術者 午前 問38
問38   ディジタル署名について

 ディジタル署名における署名鍵の用い方と,ディジタル署名を行う目的のうち,適切なものはどれか。

ア 受信者が署名鍵を使って,暗号文を元のメッセージに戻すことができるようにする。

イ 送信者が固定文字列を付加したメッセージを署名鍵を使って暗号化することによって,受信者がメッセージの改ざん部位を特定できるようにする。

ウ 送信者が署名鍵を使って署名を作成し,それをメッセージに付加することによって,受信者が送信者を確認できるようにする。

エ 送信者が署名鍵を使ってメッセージを暗号化することによって,メッセージの内容を関係者以外に分からないようにする。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア: 暗号文を元のメッセージに戻すときは、復号鍵を使用する。

イ: ディジタル署名では、改ざんは確認できるが、改ざん部位の特定はできない。

ウ:正しい。

エ: ディジタル署名では、メッセージ内容は平文で送るので、 メッセージ内容を関係者以外に分からないようにするには、暗号化する必要がある。

【平成24年春 問40 応用情報】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]