基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成27年 春期 基本情報技術者 午前 問49
問49   バグ累積件数のグラフ

 図は,テスト項目消化件数 X において,目標値として設定したバグ累積件数に到達したことを示す。 この図の状況の説明として,適切なものはどれか。

ア テスト工程が順調に終了したことを示す。

イ テスト前段階での机上チェックやシミュレーションが十分されていることを示す。

ウ まだ多くのバグが内在している可能性があることを示す。

エ 目標のバグ累積件数が達成されたので,出荷後にバグが発生する確率が低いことを示す。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 横軸にテスト項目消化件数、縦軸にバグ累積件数を取ったグラフは、信頼度成長曲線と呼ばれる。

 問題の図は、曲線が収束せず成長しているので、多くのバグが内在している可能性があるので、 追加でテストを行う必要がある。

【平成25年秋 問11 システムアーキテクト】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]