基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成27年 春期 基本情報技術者 午前 問50
問50   テストケース数が最大になるテスト技法

 図の構造を持つプログラムに対して,ホワイトボックステストの テストケースを設計するとき, 少なくとも実施しなければならないテストケース数が最大になるテスト技法はどれか。

ア 条件網羅         イ 判定条件網羅

ウ 複数条件網羅         エ 命令網羅


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:条件網羅 は、判定条件が複数ある場合に、それぞれの条件が真偽の場合を 組み合わせたテストケースを作成する。

イ:判定条件網羅 は、判定条件の真偽を少なくとも1回は実行するテストケースを作成する。

ウ:複数条件網羅 は、判定条件の全ての結果の組合せを網羅し、 かつ、全ての命令を少なくとも1回は実行するようにテストケースを作成する。

エ:命令網羅 は、全ての命令を少なくとも1回は実行するテストケースを作成する。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]