基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成27年 秋期 基本情報技術者 午前 問80
問80   独占禁止法の説明

 独占禁止法の目的として,適切なものはどれか。

ア 公正かつ自由な競争を促進する。

イ 国際的な平和及び安全の維持を阻害する取引を防止する。

ウ 製造物の欠陥によって損害が生じたときの製造業者の責任を定める。

エ 特許権者に発明を実施する権利を与え,発明を保護する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

独占禁止法は、資本主義の市場経済において、公正かつ自由な競争を促進するために独占的、 協調的な不公正な行動を防ぐことを目的としている。

ア:正しい。

イ:誤り。安全保障貿易管理の記述である。

ウ:誤り。製造物責任法の記述である。

エ:誤り。特許法の記述である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]