基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成28年 春期 基本情報技術者 午前 問13
問13   単位時間内にジョブを処理する能力

 システムが単位時間内にジョブを処理する能力の評価尺度はどれか。

ア MIPS 値          イ 応答時間

ウ スループット        エ ターンアラウンドタイム


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:MIPS( Million Instructions Per Second )は、1秒間に平均何百万回の命令を 実行できるかを表す数値である。

イ:応答時間は、レスポンスタイムとも呼ばれ、システムに対する問合せ又は要求の 終りから応答の始まりまでの経過時間である。たとえば、銀行の現金支払機から、暗証番号を打ちこみ終わってから、 次のメッセージ(結果)が出力されるまでの経過時間をいう。

ウ:正しい。スループットは、単位時間あたりにどれだけのジョブを処理することができるかを表している。

エ:ターンアラウンドタイムとは、ジョブを提出してから完全な結果が得られるまでの経過時間である。 たとえば、成績処理のジョブをオペレータに提出してから、その結果が戻されるまでの時間をいう。

【平成18年秋 初級シスアド 問13】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]