基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成28年 春期 基本情報技術者 午前 問14
問14   稼働率を表す計算式

 図のように,1台のサーバ,3台のクライアント及び2台のプリンタが LAN で接続されている。 このシステムはクライアントからの指示に基づいて,サーバにあるデータをプリンタに出力する。 各装置の稼働率が表のとおりであるとき,このシステムの稼働率を表す計算式はどれか。 ここで,クライアントは3台のうち1台でも稼働していればよく, プリンタは2台のうちどちらかが稼働していればよい。

ア ab3c2              イ a(1−b3)(1−c2

ウ a(1−b)3(1−c)2      エ a(1−(1−b)3)(1−(1−c)2


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 サーバが1台で、クライアントは3台のうち1台でも稼働していれば正常とみなし, プリンタは2台のうちどちらかが稼働していれば正常とみなすので、全体として 以下の図のようなシステムである。

 ここで、クライアント3台を並列にした場合の稼働率は、1−(1−b3)となり、 プリンタ2台を並列にした場合の稼働率は、1−(1−c2)となるので、 全体の稼働率は、「エ」となる。

【平成20年春 問32】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]