基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成28年 春期 基本情報技術者 午前 問16
問16   プリエンプティブなスケジューリング

 組込みリアルタイム OS で用いられる,優先度に基づくプリエンプティブなスケジューリングの利用方法として, 適切なものはどれか。

ア 各タスクの実行時間を均等配分する場合に利用される。

イ 起動が早いタスクから順番に処理を行う場合に利用される。

ウ 重要度及び緊急度に応じて処理を行う場合に利用される。

エ 処理時間が短いタスクから順番に処理を行う場合に利用される。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 プリエンプティブ方式は、CPU の使用時間や優先度などによって、タスクを実行状態や実行可能状態に切り替える方式である。

 ノンプリエンプティブ方式は、実行プロセスの切り替えをプログラム自身に任せる方式である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]