基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成28年 春期 基本情報技術者 午前 問15
問15   稼働率に関する記述

 システムの稼働率に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア MTBF が異なっても MTTR が等しければ,システムの稼働率は等しい。

イ MTBF と MTTR の和が等しければ,システムの稼働率は等しい。

ウ MTBF を変えずに MTTR を短くできれば,システムの稼働率は向上する。

エ MTTR が変わらず MTBF が長くなれば,システムの稼働率は低下する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 MTBF(Mean Time Between Failures)は平均故障間隔とよばれ、 隣接した故障と故障の間の時間の平均値のことである。MTBF の値が大きいほど、システムの信頼性は高い。

 MTTR(Mean Time To Repair)は平均修理時間とよばれ、故障の修理などに要する時間の平均値のことである。 MTTR の値が小さいほど、システムの保守性は高い。

ア:MTTR が等しくても MTBF が異なれば、システムの稼働率は異なる。

イ:MTBF と MTTR の和が等してもシステムの稼働率は異なる。

ウ:正しい。

エ:MTBF の値が大きいほど、システムの信頼性は高い。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]