基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成28年 春期 基本情報技術者 午前 問42
問42   BYODの説明

 BYOD の説明,及びその情報セキュリティリスクに関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 従業員が企業から貸与された情報端末を,客先などへの移動中に業務に利用することであり,ショルダハッキングなどの情報セキュリティリスクが増大する。

イ 従業員が企業から貸与された情報端末を,自宅に持ち帰って私的に利用することであり,機密情報の漏えいなどの情報セキュリティリスクが増大する。

ウ 従業員が私的に保有する情報端末を,職場での休憩時間などに私的に利用することであり,セキュリティ意識の低下などに起因する情報セキュリティリスクが増大する。

エ 従業員が私的に保有する情報端末を業務に利用することであり,セキュリティ設定の不備に起因するウイルス感染などの情報セキュリティリスクが増大する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 BYOD(Bring Your Own Device)は、従業員が個人で所有する PC やスマートフォンなどの情報端末を 業務のために使用することである。

 企業側では、従業員に支給していた情報機器のコストや通信費を節約できるなどのメリットがある。 ただし、情報機器の管理がきちんとされていないと、情報漏えいやウイルス感染などのリスクは大きくなる。

【平成25年秋 問40】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]