基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成28年 春期 基本情報技術者 午前 問44
問44   ハッシュ値を利用する目的

 ディジタルフォレンジックスでハッシュ値を利用する目的として,適切なものはどれか。

ア 一方向性関数によってパスワードを復元できないように変換して保存する。

イ 改変されたデータを,証拠となり得るように復元する。

ウ 証拠となり得るデータについて,原本と複製の同一性を証明する。

エ パスワードの盗聴の有無を検証する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 ディジタルフォレンジクスとは、犯罪捜査や不正アクセスなどの発生時に、 原因や法的証拠を明らかにするためにハードディスクなどの電子的記録を解析することである。

ア:パスワードをハッシュ値に変換して保存するのは、盗聴や漏えいなどを防止する対策である。

イ:ハッシュ値からもとのデータを復元することはできない。

ウ:正しい。

エ:ハッシュ値には、パスワードの盗聴の有無を検証することはできない。

【平成25年秋 応用情報 問43 類題】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]