基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成28年 春期 基本情報技術者 午前 問51
問51   WBSを使用する目的

 ソフトウェア開発プロジェクトにおいて WBS (Work Breakdown Structure) を使用する目的として, 適切なものはどれか。

ア 開発の所要日数と費用がトレードオフの関係にある場合に,総費用の最適化を図る。

イ 作業の順序関係を明確にして,重点管理すべきクリティカルパスを把握する。

ウ 作業の日程を横棒(バー)で表して,作業の開始時点や終了時点,現時点の進捗を明確にする。

エ 作業を階層に分解して,管理可能な大きさに細分化する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:トレンドチャートの説明である。

イ:PERT 図(アローダイアグラム)の説明である。

ウ:ガントチャートの説明である。

エ:正しい。 WBS(Work Breakdown Structure)は、プロジェクトの計画を立てるときの 手法の一つで、システム開発の作業と成果物をトップダウン方式で細かく分割した構成図で表現する。

【平成25年秋 問52】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]