基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成28年 春期 基本情報技術者 午前 問64
問64   UMLを採用した場合の活用シーン

 業務プロセスを可視化する手法として UML を採用した場合の活用シーンはどれか。

ア 対象をエンティティとその属性及びエンティティ間の関連で捉え,データ中心アプローチの表現によって図に示す。

イ データの流れによってプロセスを表現するために,データの発生,吸収の場所,蓄積場所,データの処理を,データの流れを示す矢印でつないで表現する。

ウ 複数の観点でプロセスを表現するために,目的に応じたモデル図法を使用し,オブジェクトモデリングのために標準化された記述ルールで表現する。

エ プロセスの機能を網羅的に表現するために,一つの要件に対し発生する事象を条件分岐の形式で記述する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 UML(Unified Modeling Language)とは、Java 等のオブジェクト指向の ソフトウェア開発におけるプログラム設計図の統一表記法のことである。

 主なモデル図としては、クラス図、ユースケース図、シーケンス図等がある。

ア:E-R 図の説明である。

イ:DFD の説明である。

ウ:正しい。

エ:BPD の説明である。

【平成24年春 応用情報 問63 類題】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]