基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成28年 春期 基本情報技術者 午前 問74
問74   ロングテールの説明

 ロングテールを説明したものはどれか。

ア 一般に 80:20 という経験則として知られ,企業の売上の 80 %は全商品の上位 20 %の売れ筋商品で構成される,又は品質不良による損失額の 80 %は全不良原因の上位 20 %の原因に由来する。

イ インターネットを活用したオンラインショップなどでは,販売機会が少ない商品でもアイテム数を幅広く取りそろえることによって,機会損失のリスクを減らす効果がある。

ウ 企業が複数の事業活動を同時に営むことによって,経営資源の共有が可能になり,それを有効に利用することで,それぞれの事業を独立に行っているときよりもコストが相対的に低下する。

エ ネットワークに加入している者同士が相互にアクセスできる有用性を“ネットワークの価値”とすれば,ネットワークの価値は加入者数の2乗に近似的に比例する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 縦軸に販売数量、横軸に販売数が多い順に商品を並べたグラフを作成するとあまり売れない商品が 横に長く伸びた形になる。グラフは、尾の長い動物のようになるので、ロングテールと呼ぶ。

 ロングテールは、少ない売上でも多くの商品を揃えることによって、全体の売上を増やす販売手法である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]