基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成28年 秋期 基本情報技術者 午前 問20
問20   直接編成ファイルのキー値

 格納アドレスが1〜6の範囲の直接編成ファイルにおいて,次の条件でデータを格納した場合, アドレス1に格納されているデータのキー値はどれか。

[条件]

(1) キ一値が 3,4,8,13,14,18 の順でデータを格納する。

(2) データのキー値を 5 で割った余りに 1 を加えた値を格納アドレスにする。

(3) 格納アドレスに既にデータがある場合には,次のアドレスに格納する。 これを格納できるまで繰り返す。最終アドレスの次は先頭とする。

(4) 初期状態では,ファイルは何も格納されていない。

ア 8        イ 13        ウ 14        エ 18
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

@ 3 は、5 で割った余りに 1 を加えるので、格納アドレスは、4になる。

A 4 は、5 で割った余りに 1 を加えるので、格納アドレスは、5になる。

3 8 は、5 で割った余りに 1 を加えるので、格納アドレスは、4になる。しかし、 4,5は既にデータがあるので、6になる。

C 13 は、5 で割った余りに 1 を加えので、格納アドレスは、4になる。しかし、 4,5,6は既にデータが存在するので、1になる。

D 14 は、5 で割った余りに 1 を加えるので、格納アドレスは、5になる。しかし、 5,6,1は既にデータが存在するので、2になる。

E 18 は、5 で割った余りに 1 を加えるので、格納アドレスは、4になる。しかし、 4,5,6,1,2は既にデータが存在するので、3になる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]