基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成28年 秋期 基本情報技術者 午前 問59
問59   可用性を確認するチェック項目

 情報セキュリティ監査において,可用性を確認するチェック項目はどれか。

ア 外部記憶媒体の無断持出しが禁止されていること

イ 中断時間を定めた SLA の水準が保たれるように管理されていること

ウ データ入力時のエラーチェックが適切に行われていること

エ データベースが暗号化されていること


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 情報セキュリティ監査においてのチェック項目として、情報の「機密性」、 「完全性」、「可用性」の3要素を定義している。
  • 機密性:アクセス許可のある人だけが情報を利用できること。
  • 完全性:情報資産が改竄されていないこと。
  • 可用性:アクセス許可のある人が必要な時に情報にアクセスできること。

ア: 機密性の観点で評価する項目である。
イ: 正しい。
ウ: 完全性の観点で評価する項目である。
エ: 機密性の観点で評価する項目である。

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]