基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成28年 秋期 基本情報技術者 午前 問61
問61   エンタープライズアーキテクチャの説明

 エンタープライズアーキテクチャ( EA )を説明したものはどれか。

ア オブジェクト指向設計を支援する様々な手法を統一して標準化したもので,クラス図などのモデル図によってシステムの分析や設計を行うための技法である。

イ 概念データモデルを,エンティティとリレーションシップで表現することによって,データ構造やデータ項目間の関係を明らかにするための技法である。

ウ 各業務と情報システムを,ビジネス,データ,アプリケーション,テクノロジの四つの体系で分析し,全体最適化の観点から見直すための技法である。

エ 企業のビジネスプロセスを,データフロー,プロセス,ファイル,データ源泉/データ吸収の四つの基本要素で抽象化して表現するための技法である。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア: オブジェクト指向のソフトウェア開発における UML( Unified Modeling Language )に関する記述である。
イ: 概念データモデルをエンティティ(実体)とリレーションシップ(関係)という2つの概念を用いてデータをモデル化した E-R 図に関する記述である。
ウ: 正しい。
エ: 企業のビジネスプロセスをデータフロー,プロセス,ファイル,データ源泉/データ吸収の四つの 基本要素で表したものは、DFD(Data Flow Diagram)である。

【平成21年春 問61】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]