基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成29年 春期 基本情報技術者 午前 問11
問11   RAID1の外部記憶装置

 4T バイトのデータを格納できるように RAID1 の外部記憶装置を構成するとき, フォーマット後の記憶容量が 1T バイトの磁気記憶装置は少なくとも何台必要か。

ア 4        イ 5        ウ 6        エ 8
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)は、複数のハードディスクを並列に連結し、 全体を1つの ディスク装置としてアクセスする方式である。

 信頼性が向上し、データを分散して記録することによって同時に読み取ることができるので高速化できる。

 RAID1 の外部記憶装置は、2台のディスクに同じデータを記録する方式(ミラーリング)である。 データの安全性が高まるがディスクが2倍必要になる。 よって、4T バイトのデータを 1T バイトの磁気記憶装置に入れると8台必要になる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]