基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成29年 春期 基本情報技術者 午前 問26
問26   UMLを用いた現金勘定

 図のデータモデルを三つの表で実装する。このとき,“A 社への売上 50,000 円を, 2017 年4月4日に現金勘定に計上した”ことを記録する“移動”表の a,b の 適切な組合せはどれか。ここで,モデルの表記には UML を用いる。

       a     b  
  ア    208     貸方  
  イ    208     借方  
  ウ    510     貸方  
  エ    510     借方  

解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 現金勘定とは、現金や小切手など現金に換えられるものの収支を処理する勘定科目である。

  • 「移動表」の「勘定コード」は、「現金」を示す「 510 」が入る。
  • 「移動表」の「貸/借」は、「A社への売上 50,000 円」なので、「借方」が入る。

【平成27年春 問28】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]