基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成29年 春期 基本情報技術者 午前 問71
問71   MRPの計算手順

 図は,生産管理システムの手法である MRP(資材所要量計画)の計算手順である。 図中の a に入る,正味所要量計算に必要な情報はどれか。

ア 基準日程(完成時期,リードタイム日数)

イ 在庫状況(在庫残,注文残,仕掛残)

ウ 発注方針(ロット編成方法,発注方式,安全在庫)

エ 部品構成表(最終製品における各部品の構成と所要数)


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 資材所要量計画( MRP )は、在庫を適正に維持するために、 製造に必要な材料と発注すべき数量と発注時期の計画を行う。

ア:基準日程は、手配計画での必要情報である。

イ:正しい。正味所要量は、総所要量から在庫残、注文残、仕掛残を引いて必要な部品数を求める。

ウ:発注方針は、発注量計算での必要情報である。

エ:部品構成表は、総所要量計算の過程で必要な情報である。

【平成19年春 問74 初級シスアド】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]