基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成29年 秋期 基本情報技術者 午前 問12
問12   RAID5の記録方式

 RAID5 の記録方式に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 複数の磁気ディスクに分散してバイト単位でデータを書き込み,さらに,1台の磁気ディスクにパリティを書き込む。

イ 複数の磁気ディスクに分散してビット単位でデータを書き込み,さらに,複数の磁気ディスクにエラー訂正符号(ECC)を書き込む。

ウ 複数の磁気ディスクに分散してブロック単位でデータを書き込み,さらに,複数の磁気ディスクに分散してパリティを書き込む。

エ ミラーディスクを構成するために,磁気ディスク2台に同じ内容を書き込む。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)は、 複数のハードディスクを組み合わせて、高速アクセスや高信頼性を実現するための技術である。

 RAID には 0 から 6 までの7つのレベルがあるが、 実際に利用されているのは RAID0、RAID1、RAID5、RAID6 である。

  • RAID0:複数のディスクにデータを分散させて格納して高速化を行う。(ストライピング)
  • RAID1:複数のディスクに同じデータを格納して信頼性を高める。(ミラーリング)
  • RAID5:ブロック単位でパリティを分散して記録して信頼性を高める。
  • RAID6:ブロック単位でパリティを分散して複数箇所に記録して信頼性を高める。

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]