基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成29年 秋期 基本情報技術者 午前 問44
問44   通信経路上で漏洩されることに対する対策

 図のように,クライアント上のアプリケーションがデータベース接続プログラム経由で サーバ上のデータベースのデータにアクセスする。アプリケーションとデータベースとの間で 送受信されるコマンドや実行結果の漏えいを防止する対策はどれか。

ア サーバ側のデータベース接続プログラムにアクセスできるクライアントの IP アドレスを必要なものだけに制限する。

イ サーバ側のデータベース接続プログラムを起動・停止するときに必要なパスワードを設定する。

ウ データベース接続プログラムが通信に使用するポート番号をデータベース管理システムでの初期値から変更する。

エ データベース接続プログラム間の通信を暗号化する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 ネットワーク上の回線に侵入されて、送受信されるデータを通信経路上で漏洩することに 対する対策は、送受信されるデータを暗号化するのが望ましい。

【平成20年春 問65 類題】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]