基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成29年 秋期 基本情報技術者 午前 問47
問47   クラスとオブジェクトの関係

 オブジェクト指向分析を用いてモデリングしたとき,クラスとオブジェクトの関係になる組はどれか。

ア 公園,ぶらんこ        イ 公園,代々木公園

ウ 鉄棒,ぶらんこ        エ 中之島公園,代々木公園


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 オブジェクトは、「もの」という意味である。人間の世界に存在するほとんどのものは、 オブジェクトと考えることができる。例えば、自動車やパソコン,人間もオブジェクトである。

 オブジェクト指向のプログラムでは、「状態」は、データであり、値と属性とをもっている。 このデータをインスタンス変数によって定義する。 「振る舞い」は、メソッドとよばれる小さなプログラムによって定義される。 クラスは、オブジェクトに共通なデータや機能を定義したもので、クラスの定義をもとに、 内部のデータを設定して、実体化したものがオブジェクトになる。

 クラスとオブジェクトの関係になるのは、「公園」に対して、「代々木公園」となる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]