基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成29年 秋期 基本情報技術者 午前 問51
問51   ファンクションポイント法の説明

 ファンクションポイント法の説明はどれか。

ア 開発するプログラムごとのステップ数を積算し,開発規模を見積もる。

イ 開発プロジェクトで必要な作業の WBS を作成し,各作業の工数を見積もる。

ウ 外部入出力や内部論理ファイル,外部照会,外部インタフェースファイルの個数や特性などから開発規模を見積もる。

エ 過去の類似例を探し,その実績や開発するシステムとの差異などを分析・評価して開発規模を見積もる。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 ファンクションポイント法は、外部入出力、内部論理ファイル,照会, インタフェースなどの機能をポイント数として数値化し、 そのポイント数の合計によって、ソフトウェアの開発規模を見積る方法である

【平成25年秋 問55】

【平成23年春 問52】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]