基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成29年 秋期 基本情報技術者 午前 問57
問57   過電圧の被害から防ぐための手段

 落雷によって発生する過電圧の被害から情報システムを守るための手段として, 有効なものはどれか。

ア サージ保護デバイス( SPD )を介して通信ケーブルとコンピュータを接続する。

イ 自家発電装置を設置する。

ウ 通信線を,経路の異なる2系統とする。

エ 電源設備の制御回路をディジタル化する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:正しい。 サージ保護デバイス( SPD )は、 情報システムを落雷によって発生する過電圧の被害から防ぐために使用する。

イ: 自家発電装置は、停電時の対策に使用する。

ウ: 通信線を経路の異なる2系統にするのは、ネットワークの障害対策である。

エ: 電源設備の制御回路をディジタル化のは、落雷対策にはならない。

【平成21年秋 問57】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]