基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成29年 秋期 基本情報技術者 午前 問67
問67   SWOT分析

 SWOT 分析において,一般に脅威として位置付けられるものはどれか。

ア 競合他社に比べて高い生産効率

イ 事業ドメインの高い成長率

ウ 市場への強力な企業の参入

エ 低いマーケットシェア


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 SWOT 分析は「Strengths(強み)、Weaknesses(弱点)、Opportunities(機会)、Threats(脅威)」の 各単語の頭文字をとったもので 経営戦略を立てるために、自社の強みと弱み、機会と脅威を分析する手法である。

 SWOT 分析は、企業の経営環境を分析し、今後の戦略に役立てる手法の1つである。

 SWOT 分析において、一般に脅威として位置付けられるものは、「市場への強力な企業の参入」である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]