基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成30年 春期 基本情報技術者 午前 問01
問01   2の補数で表現

 ある整数値を,負数を2の補数で表現する2進表記法で表すと最下位2ビットは “11”であった。10 進表記法の下で,その整数値を4で割ったときの余りに 関する記述として,正しいものはどれか。 ここで,除算の商は,絶対値の小数点以下を切り捨てるものとする。

ア その整数値が正であれば3

イ その整数値が負であれば−3

ウ その整数値が負であれば3

エ その整数値の正負にかかわらず0


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 その整数値が正の数の場合は、最下位2ビットが 11 の場合、3となる。 その整数値を4で割った余りは、最下位2ビットですあるので、4で割った余りは3となる。

 その整数値が負の数の場合は、最下位2ビットが 11 の場合、補数表現なので 0 と 1 を逆転する。 よって、最下位2ビットは絶対値では 00、4で割った余りは 0 となる。

【平成13年春 問03】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]