基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成30年 春期 基本情報技術者 午前 問06
問06   リストと配列

 リストを二つの1次元配列で実現する。配列要素 box[i ] と next[i ] の対が リストの一つの要素に対応し,box[i ] に要素の値が入り,next[i ] に 次の要素の番号が入る。配列が図の状態の場合,リストの 3 番目と 4 番目との間に値が H で ある要素を挿入したときの next[8] の値はどれか。ここで,next[0] がリストの先頭(1番目)の要素を 指し,next[i ] の値が 0 である要素はリストの最後を示し,next[i ] の値が 空白である要素はリストに連結されていない。

ア 3         イ 5         ウ 7         エ 8
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 配列の最初の要素がAで next[1] の値が5なので、次の要素はEになる。 図のようになり、リストの 3 番目と 4 番目との間にHを入れるので、 next[3] の値が8になり、 next[8] の値は、7になる。

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]