基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成30年 春期 基本情報技術者 午前 問07
問07   ハッシュ法の特徴

 表探索におけるハッシュ法の特徴はどれか。

ア 2分木を用いる方法の一種である。

イ 格納場所の衝突が発生しない方法である。

ウ キーの関数値によって格納場所を決める。

エ 探索に要する時間は表全体の大きさにほぼ比例する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 表探索におけるハッシュ法は、キーの関数値によって格納場所を決める方法である。

ア: 2分探索の説明である。

イ: ハッシュ法は、格納場所が衝突する場合がある。

ウ:正しい。

エ: ハッシュ法は、探索に要する時間は一定でである。

【平成15年秋 問14】

【平成19年春 問15】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]