基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成30年 春期 基本情報技術者 午前 問13
問13   フォールトトレラントシステム

 フォールトトレラントシステムを実現する上で不可欠なものはどれか。

ア システム構成に冗長性をもたせ,部品が故障してもその影響を最小限に抑えることによって,システム全体には影響を与えずに処理が続けられるようにする。

イ システムに障害が発生したときの原因究明や復旧のため,システム稼働中のデータベースの変更情報などの履歴を自動的に記録する。

ウ 障害が発生した場合,速やかに予備の環境に障害前の状態を復旧できるように,定期的にデータをバックアップする。

エ 操作ミスが発生しにくい容易な操作にするか,操作ミスが発生しても致命的な誤りにならないように設計する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 フォールトトレラントシステムは、システムの一部が故障しても正常に処理を続行することができる システムである。障害が発生した場合、予備機に切り換えたり、機能を低下させることがあるが、 完全に停止しないように設計されている。

【平成24年春 問16】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]