基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成30年 春期 基本情報技術者 午前 問49
問49   流れ図で示される部分に関するテストデータ

 プログラムの流れ図で示される部分に関するテストデータを,判定条件網羅(decision coverage)に よって設定した。このテストデータを複数条件網羅(multiple decision coverage)による設定に変更したとき, 加えるべきテストデータのうち,適切なものはどれか。ここで,( )で囲んだ部分は, 一組のテストデータを表すものとする。

・判定条件網羅によるテストデータ

 (A=4,B=1),(A=5,B=0)

ア (A=3,B=0),(A=7,B=2)

イ (A=3,B=2),(A=8,B=0)

ウ (A=4,B=0),(A=8,B=0)

エ (A=7,B=0),(A=8,B=2)


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 分岐に関してのテストを行う問題である。

判定条件網羅(分岐網羅)によるテストデータで、
 (A=4,B=1),(A=5,B=0)

を行っているので、Aが6以下で、Bの値が0と0以外の時の テストは済んでいる。

 よって、加えるべきテストデータは、Aが6より大きく、Bの値が0と0以外の時の テストを行う。

【平成20年春 問48】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]