基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成30年 秋期 基本情報技術者 午前 問04
問04   ハフマン符号化による圧縮

 出現頻度の異なる A,B,C,D,E の5文字で構成される通信データを,ハフマン符号化を 使って圧縮するために,符号表を作成した。a に入る符号として,適切なものはどれか。

ア 001        イ 010        ウ 101        エ 110
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 ハフマン符号化による圧縮は、出現頻度が高い文字には短いビット列を出現頻度が低い文字には長いビット列を 割り当てて圧縮する方法である。

ア: 先頭の符号“00”は、文字Aで使われているため誤りである。

イ: 先頭の符号“01”は、文字Bで使われているため誤りである。

ウ: 先頭の符号“10”は、文字Cで使われているため誤りである。

エ:正しい。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]