基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成30年 秋期 基本情報技術者 午前 問15
問15   回線の稼働率

 東京と福岡を結ぶ実線の回路がある。東京と福岡の間の信頼性を向上させるために, 大阪を経由する破線の迂(う)回回線を追加した。迂回回線追加後における,東京と福岡の間の稼働率は幾らか。 ここで,回線の稼働率は,東京と福岡,東京と大阪,大阪と福岡の全てが 0.9 とする。

ア 0.729         イ 0.810         ウ 0.981         エ 0.999
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 東京〜福岡間の回線の稼働率は 0.9 である。

東京〜大阪〜福岡間の回線の稼働率は、直列の稼働率を計算する。
東京〜大阪〜福岡間の回線の稼働率= 0.9 × 0.9 =0.81

 東京〜福岡間の回線は複数ことになるので並列の稼働率を計算する。
全体の稼働率=1−(1− 0.9 )×(1− 0.81 )=1−0.019 =0.981

【平成14年春 問39】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]