基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成30年 秋期 基本情報技術者 午前 問30
問30   データベースの回復操作

 データベースが格納されている記憶媒体に故障が発生した場合, バックアップファイルとログを用いてデータベースを回復する操作はどれか。

ア アーカイブ              イ コミット

ウ チェックポイントダンプ        エ ロールフォワード


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:アーカイブ アーカイブは、複数のファイルを一つのファイルにまとめて、格納する方法である。

イ:コミット コミットは、データベースの内容更新を確定することを指す。

ウ:チェックポイントダンプ プログラムが正常に動いているときに一定時間間隔、 あるいは特定の実行のたびにそのときの状態を再現するのに必要なレジスタ、 記憶領域の内容などを補助記憶領域に記録しておくことをチェックポイントとよぶ。

エ:ロールフォワード データベース操作において障害が発生した際に、 あらかじめ取って置いたデータベースのバックアップとログデータ(アクセス記録)を 基にしてもとの状態に戻す方法がロールフォワードである。

【平成19年秋 問62】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]