基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成30年 秋期 基本情報技術者 午前 問44
問44   公衆無線LANのアクセスポイント

 公衆無線 LAN のアクセスポイントを設置するときのセキュリティ対策と効果の組みのうち,適切なものはどれか。

       セキュリティ対策               効果    
  ア MAC アドレスフィルタリングを設
定する。  
正規の端末の MAC アドレスに偽装した
攻撃者の端末からの接続を遮断し,利用
者のなりすましを防止する。  
  イ SSID を暗号化する。  SSID を秘匿して,SSID の盗聴を防止する。  
  ウ 自社がレジストラに登録したドメ
インを,アクセスポイントの SSID
に設定する。  
正規のアクセスポイントと同一の SSID
を設定した,悪意のあるアクセスポイン
トの設置を防止する。  
  エ 同一のアクセスポイントに無線で
接続している端末同士の通信を,
アクセスポイントで遮断する。  
同一のアクセスポイントに無線で接続し
ている他の端末に,公衆無線 LAN の利
用者がアクセスポイントを経由して無断
でアクセスすることを防止する。  

解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア: MAC アドレスフィルタリングを設定することにより、登録した MAC アドレス以外の 機器からアクセスできなくなる。しかし、 MAC アドレスを偽装された場合は接続されてしまう。

イ: SSID を暗号化することにより、アクセスポイントの SSID を知られる危険性は少なくなるが、 SSID の盗聴を防止できるわけではない。

ウ: 自社のドメイン名をアクセスポイントの SSID に設定すると SSID が容易に知られてしまう。

エ:正しい。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]