基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成30年 秋期 基本情報技術者 午前 問50
問50   XPのプラクティスの説明

 XP(Extreme Programming)のプラクティスの説明のうち,適切なものはどれか。

ア 顧客は単体テストの仕様に責任をもつ。

イ コードの結合とテストを継続的に繰り返す。

ウ コードを作成して結合できることを確認した後,テストケースを作成する。

エ テストを通過したコードは,次のイテレーションまでリファクタリングしない。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:誤り。 単体テストの仕様には、チーム全員(開発者・管理者・顧客)が責任をもつ。

イ:正しい。 単体テストを終えたプログラムは、すぐに結合して結合テストを行う。

ウ:誤り。 テスト駆動開発 (TDD) は、プログラムに必要な各機能について、最初にテストを行い、 そのテストが動作する必要最低限な実装を行う。この短い作業を繰り返す開発方法である。

エ:誤り。 XP では、テストを通過したコードを随時変更する。リファクタリングとは、 プログラムの動作を結果は変えずに、ソフトウェアの内部のコードを修正することである。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]