基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成16年 秋期 基本情報技術者 午前 問42
問42   再帰的プログラムの特徴

 再帰的プログラムの特徴として,最も適切なものはどれか。

ア 1度実行した後,ロードし直さずに再び実行を繰り返しても,正しい結果が得られる。

イ 実行中に自分自身を呼び出すことができる。

ウ 主記憶上のどこのアドレスに配置しても,実行することができる。

エ 同時に複数のタスクが共有して実行しても,正しい結果が得られる。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 再帰的プログラムとは、実行中のプログラムの中から自分自身のルーチンを 呼び出しても正しく実行できるプログラムである。

ア:1度実行後、ロードし直さずに再び実行を繰り返しても正しい結果が 得られるプログラムは、逐次再使用可能プログラムである。

イ:実行中に自分自身を呼び出すことができるプログラムは、 再帰的プログラムである。よって、正解である。

ウ:主記憶上のどこのアドレスに配置しても実行することができる プログラムは、再配置可能プログラムである。

エ:同時に複数のタスクが共有して実行しても正しい結果が 得られるプログラムは、再入可能プログラムである。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]