基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成17年 春期 基本情報技術者 午前 問40
問40   ウォータフォールモデル

 ウォータフォールモデルに関する記述として,適切なものはどれか。

ア アプリケーションの部分単位に設計・製造を行い,これを次々に繰り返す。

イ システム開発を工程順に進めるので,後戻りすればシステムの開発効率が著しく低下する。

ウ 動作可能な試作品を作成し,要求仕様の確認・評価を早期に行う。

エ 利用者の参画,少人数による開発,開発ツールの活用によって短期間に開発する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 ウォータフォールモデルとは、システム開発をいくつかの工程に分け、 水が上流から下流に向かって流れる様に工程を順を追って進める方式である。 1つの工程が完了したことを確認してから次の段階に進むことにより、 システム開発の一貫性を保証している。従って、開発工程が後戻りすることはない。 よって、正解は(イ)である。

(ア)誤り スパイラルモデルの説明である。

(イ)正しい 

(ウ)誤り プロトタイピングの説明である。

(エ)誤り RAD(Rapid Application Development)の説明である。

【平成12年春 問56】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]