基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成18年 春期 基本情報技術者 午前 問28
問28   タスクスケジューリング方式

 特定のタスクが CPU 資源の割当てを待ち続ける可能性が高いタスクスケジューリング方式はどれか。

ア 各タスクの優先度を決めて,優先度が高い順に実行するが,CPU 割当てまでの待ち時間の長さに応じて優先度を徐々に上げていく。

イ 各タスクを CPU 待ち行列に置かれた順に実行し,一定時間が経過したら実行を中断して CPU 待ち行列の最後尾に加える。

ウ 処理予定時間が最も短いタスクから処理を実行する。現在実行中の処理が完結するか,又は何らかの要因によって中断されたとき,次のタスクを開始する。

エ タスクがシステムに到着した順に実行可能待ち行列の最後尾に加え,常に実行可能待ち行列の先頭のタスクに CPU を割り当てる。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:誤り。優先順位方式である。 イ:誤り。ラウンドロビン方式である。

ウ:正しい。処理予定時間が最も短いタスクから処理を実行する方式だと 特定のタスクが CPU 資源の割当てを待ち続ける可能性が高い。

エ:誤り。到着順方式である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]