基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成18年 春期 基本情報技術者 午前 問29
問29   スプールファイルの全容量

 次の条件で印刷処理を行う場合に,スプールファイルの全容量は最低何 M バイト必要か。

〔条件〕

(1) 同一のジョブを4回連続して,多重度1で実行する。

(2) ジョブの単独での実行時間は 20 分である。

(3) 単独でのジョブは,実行時に 400 M バイトの印刷用スプールファイルを確保し,そこに印刷データを出力する。

(4) ジョブ実行後,スプールファイルの内容が OS の印刷機能によって処理される。

(5) 印刷が完了すると,OS はスプールファイルを削除する。 ここで,削除時間は考慮しないものとする。

(6) プリンタは1回であり,印刷速度は 100 M バイト当たり 10 分である。

(7) ジョブの実行と印刷処理は並行動作可能で,互いに影響を及ぼさないものとする。

ア 400       イ 800       ウ 1,200       エ 1,600


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

磁気ディスク装置上の入力/出力待ち行列および入力/出力データ域を使う技法を スプーリング( spooling )とよんでいる。

同一のジョブを4回連続して、順番に実行し、1ジョブの実行時間は 20 分で、 1ジョブごとに、実行時に 400 M バイトの印刷用スプールファイルを確保し、 印刷速度は 100 M バイト当たり 10 分(1ジョブあたり、40 分)ある。

よって、以下の図のようになる。

job4 の実行が開始されるときに、job1 の印刷が終了しているので、 スプールファイルの全容量は、400 ×3=1200 M バイトである。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]