基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成18年 春期 基本情報技術者 午前 問48
問48   チェックディジット

 バーコードには,検査数字(チェックディジット)を付加するのが一般的である。 JAN コード(標準タイプ,13 けた)では,12 けたの数の検査数字を次の方式で算出している。 この方式で算出した図のバーコード( 123456789012 )の検査数字として適切な値はどれか。

〔 JAN コードにおける検査数字の算出及び付加方式〕

(1) 検査数字を付加する前の右端の数字の位置を奇数けたとし,左に向かって交互に奇数けたと偶数けたとする。

(2) 偶数けたの数字の合計を求める。

(3) 奇数けたの数字の合計を求め,その値を3倍する。

(4) (2) と (3) の合計を求める。

(5)  (4) の値の 1 の位の数字を 10 から引く。 ただし,1 の位が 0 のときは 0 とする。
例えば,(4) の値が 123 のときは 10−3=7,120 のときは 0 とする。

(6) (5) で求めた数字を検査数字とし,右端けたの右に付加する。

ア 0       イ 3       ウ 5       エ 8
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

  • 偶数けたの数値の合計を求める。
    1+9+7+5+3+1=26
  • 奇数けたの数字の合計を求め,その値を3倍する。
    (2+0+8+6+4+2)×3=66
  • 合計を求める。26+66=92
  • 合計の1の位の数字を 10 から引く。10−2=8

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]