基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成18年 春期 基本情報技術者 午前 問60
問60   ACID特性に関する記述

 トランザクションの ACID 特性に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア コミット後にシステム障害が発生した場合,その内容は変更前の状態に戻される。

イ トランザクションが同時に実行されても,互いに干渉しない。

ウ トランザクションの実行の結果,データベースの整合性が崩れることも許容する。

エ トランザクションの途中でシステム障害が発生しても,障害発生時までの変更内容は保存される。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ACID 特性 は、トランザクション処理のために必要な4つの特性で、 以下の英語の頭文字をとっている。

の「トランザクションが同時に実行されても,互いに干渉しない。」は、 Isolation (独立性)にあたる。

  • Atomicity (原子性)
  • Consistency (一貫性)
  • Isolation (独立性)
  • Durability (耐久性)

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]