基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成18年 秋期 基本情報技術者 午前 問29
問29   プロセスの状態と遷移

 図はプロセスの状態と遷移を表している。a,b,c の状態の適切な組合せはどれか。

  a b c
  ア   実行可能状態 実行状態 待ち状態
  イ   実行可能状態 待ち状態 実行状態
  ウ   実行状態 実行可能状態 待ち状態
  エ   実行状態 待ち状態 実行可能状態

解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 プログラムが実行する場合、まずタスクに変化し、実行されるのを待つ。 この時点でタスクはいつでも実行可能なので、このようなタスクの状態を実行可能状態とよぶ。

 タスク管理によって優先度の高いタスクから実行される(実行状態)。 プログラムが入出力装置を使っている間は、タスクは完了するのを待っている状態(待ち状態)である。

 タスクが入出力動作などを要求して、使用権を放棄したとき、実行状態の状態から待ち状態の状態に移される。 その後、入出力動作が完了すると実行可能状態に戻される。

 タスクには、これら3つの状態があり、それぞれの関係は、図のようになる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]