基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成18年 秋期 基本情報技術者 午前 問30
問30   スプーリングの説明

 スプーリングの説明として,適切なものはどれか。

ア キーボードからの入力データを主記憶のキューにいったん保存しておく。

イ システムに投入されたジョブの実行順序を,その特性や優先順位に応じて決定する。

ウ 通信データを直接通信相手の装置に送らず,あらかじめ登録しておいた代理の装置に送る。

エ プリンタなどの低速な装置への出力データをいったん高速な磁気ディスクに格納しておき,その後に目的の装置に出力する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

スプーリングについて

ア:バッファリング キーボードからの入力データを主記憶のキューに一旦保存しておく

イ:ジョブスケジューラ システムに投入されたジョブの実行順序を その特性や優先順位に応じて決定する。

ウ:プロキシ 通信データを直接通信相手の装置に送らず、 あらかじめ登録しておいた代理の装置に送る。

エ:スプーリング プリンタなどの低速出力装置へのデータを高速な 磁気ディスクに格納、その後目的の装置に出力する。

【平成16年春 問32】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]