基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成20年 春期 基本情報技術者 午前 問16
問16   DRAMの説明

 DRAM の説明として,適切なものはどれか。

ア コンデンサに電荷を蓄えた状態か否かによって1ビットを表現する。主記憶としてよく用いられる。

イ 製造時にデータが書き込まれる。マイクロプログラム格納用メモリとして用いられる。

ウ 専用の装置でデータを書き込むことができ,紫外線照射で消去ができる。

エ フリップフロップで構成され,高速であるが製造コストが高い。キャッシュメモリなどに用いられる。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:DRAM は、コンデンサに電荷を蓄えた状態か否かによって1ビットを表現する。主記憶としてよく用いられる。

イ:マスクROM マスクROM は、製造時にデータが書き込まれる。マイクロプログラムの格納用メモリとして用いられる。

ウ:EPROM は、専用の装置でデータを書き込むことができ、紫外線照射で消去ができる。

エ:SRAM は、フリップフロップで構成され、高速であるが製造コストが高く、キャッシュメモリに用いられる。

【平成16年秋 問16】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]