基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成20年 春期 基本情報技術者 午前 問18
問18   演算命令の実行

 主記憶へのアクセスを伴う演算命令を実行するとき,命令解読とオペランド読出しの 間に行われる動作はどれか。

ア 実効アドレス計算        イ 入出力装置起動

ウ 分岐アドレス計算        エ 割込み発生


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 コンピュータが命令を実行する場合、以下の手順を行う。

     
  1. 命令レジスタに命令を取出す
  2. 命令デコーダで命令の解読
  3. アドレスの計算
  4. オペランドの取り出し
  5. 演算の実行
  6. 演算結果の格納

 よって、命令解読とオペランド読出しの間に行われる動作は、 「ア:実行アドレス計算」である。  


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]