基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成20年 春期 基本情報技術者 午前 問62
問62   データベースのアクセス効率

 データベースのアクセス効率を低下させないために,定期的に実施する処理はどれか。

ア 再構成              イ 再編成

ウ データベースダンプ        エ バックアップ


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 データベースに対して、頻繁に削除や更新を行った場合、データベースの物理的な記録場所が散在して、 アクセス効率が悪くなる場合がある。「再編成」は、データベースのデータを一旦別の場所に書き、 再度、データベースにリロードすることによってアクセス効率をよくすることができる。

 「ア」の「再構成」は、データベースの構造を変えることである。

【平成15年春 問70】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]