基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成20年 春期 基本情報技術者 午前 問63
問63   ハッシュ値とを比較して実現できること

 送信者からメール本文とそのハッシュ値を受け取り,そのハッシュ値と,受信者が メール本文から求めたハッシュ値とを比較して実現できることはどれか。ここで, 送信者からのハッシュ値は保護されているものとする。

ア 改ざんの有無の検出       イ 盗聴の防止

ウ なりすましの防止         エ メールの送達の確認


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 送信者からメールの本文から求めたハッシュ値が、受信者が受け取ったメールの本文から 求めたハッシュ値と異なっていた場合、 送信時のメールの本文と受信時のメールの本文が異なっていることになり、 「メールが改ざんされている」ことになる。

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]