基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成20年 春期 基本情報技術者 午前 問64
問64   FRRとFARとの関係

 バイオメトリクス認証システムの判定しきい値を変化させるとき,FRR (本人拒否率) と FAR (他人受入率)との関係はどれか。

ア FRR と FAR は独立している。

イ FRR を減少させると,FAR は減少する。

ウ FRR を減少させると,FAR は増大する。

エ FRR を増大させると,FAR は増大する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 バイオメトリクス認証システムとは、顔や声紋、瞳の虹彩による個人認証システムである。

 FRR (本人拒否率)は、本人を拒否してしまう確率で、 FAR (他人受入率)は、間違って他人を許可してしまう確率である。

 本人であるチェックを厳密に行うと FAR は減少し、セキュリティが厳しくなるが、 FRR が増大してしまう。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]