基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成24年 秋期 基本情報技術者 午前 問15
問15   稼働率の計算

 図のような,稼働率Pのシステムで構成された多重化システム全体の稼働率を表す式はどれか。 ここで,並列の部分は,どちらか一方が稼働していればよいものとする。

ア 1−(1−P)(1−P2)2        イ P{1−(1−P)4}

ウ P{1−(1−P)2}2       エ P{1−(1−P2)2}


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 稼動率とは、システムが稼働している確率で、稼動率の値は 0 以上 1 以下になり、1 に近いほど システムの信頼性は高い。

 2つの機器の稼働率がPの場合、直列の場合はP×Pで、並列の場合は1−(1−P)2 である。 よって、以下のようになる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]