基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成24年 秋期 基本情報技術者 午前 問16
問16   コンピュータシステムの信頼性

 コンピュータシステムの信頼性に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア システムの遠隔保守は,MTTR を長くし,稼働率を向上させる。

イ システムの稼働率は,MTTR と MTBF を長くすることで向上する。

ウ システムの構成が複雑なほど,MTBF は長くなる。

エ システムの予防保守は,MTBF を長くするために行う。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 MTBF(Mean Time Between Failures)は平均故障間隔とよばれ、隣接した故障と故障の間の時間の平均値のことである。 MTBF の値が大きいほど、システムの信頼性は高い。

    MTBF =稼動時間/故障件数

 MTTR( Mean Time To Repair )は平均修理時間とよばれ、故障の修理などに要する時間の平均値のことである。 MTTR の値が小さいほど、システムの保守性は高い。

    MTTR =不稼動時間/故障件数

ア:誤り。遠隔保守により、移動時間が短くなり、MTTR が短くなるので稼働率が向上する。

イ:誤り。 MTTR が長くなると稼働率は低下する。 システムの稼働率は、MTTR を短くし、MTBF を長くすることで向上する。

ウ:誤り。システムの構成が複雑なほど、MTBF は短くなる可能性が高い。

エ:正しい。

【平成18年春 初級シスアド 問13】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]